効果と痛みは?

 レーザー脱毛は黒い色にのみ反応するレーザーを照射し、毛の生える元である毛乳頭を破壊していくことになります。それによってムダ毛を処理することができるのですが、太くて色の濃い毛の方が効果を実感しやすいとされています。つまり脇やVIOライン、肘下、ひざ下などは効果が出やすく、顔や背中、二の腕などは効果が出にくいということです。しかし、繊細な肌にはレーザーの出力を抑える必要がありますし、日焼けや色素沈着などがある場合も火傷などのリスクを減らすため、弱めの出力で照射することになります。レーザーの出力を弱くすれば肌トラブルは起きにくくなるのですが、その分効果も出にくくなってしまいます。ちなみに、レーザー脱毛の痛みはレーザーが毛の生える元を破壊するときに生じます。脱毛効果が高いところほど痛みも感じやすいとされており、痛みの感じやすさには個人差もありますが、輪ゴムで弾かれた程度と表現されることが多いです。しかし、脱毛する部位によってはかなり痛みが強くなってしまうこともあります。どうしても我慢できない場合にはレーザーの出力を下げたり、麻酔を使ったりするなどの方法があるため、医師としっかり相談しながら進めていきましょう。

コメントは受け付けていません。